丸正編「板金基礎知識」

 

切断・・  当社では、主にプレス切断を行っています。

 

シャーリング切断
ただ一直線に材料を切断します。長さは2500_板厚は4,5_までです。
でかい鋏が一気に板を切ると考えて下さい。

 

コーナーシャー切断
製品を展開した際の角(コーナー)部分だけを切断します。
図示するとこんな感じです。

角(コーナー)部分だけを切断

   

ターレットパンチプレス切断
丸穴、角穴、長穴など金型の組み合わせによりオールマイテイーに切断可能製品展開機能の付いたパソコンと組み合わせて使用します。
展開ソフトはアマダ社製AP−40を使用しています。(だいぶ古い機種です)
展開ソフトで作成したプログラムを読み込ませることにより複雑な切断も自動で行います。
当社では、さらに自動供給装置(マニープレーター)を設備していますので同一板厚であれば24時間稼動が可能です。
ターレットパンチプレス切断

    

エアープラズマ切断
エアープラズマ機によりプラズマ光線を発生させ板を切断するもの。
加工可能な板厚は6_まで、さらに手加工なので精度はでません。箱形状に出来あがっているものに、後加工する場合や角パイプの切り欠き等簡易な切断に使用します。


ガス切断(溶断)
アセチレンガスと酸素により火で切断します。
もっぱら板厚の厚いものを切断する場合に使用します。